記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

「夕焼け、小焼けの あかとんぼ」

 独立メディア塾 編集部

 三木露風(1889年=明治22年6月23日~ 1964年12月29日)が作詞した童謡「赤とんぼ」の冒頭。1921年に発表した童謡集「真珠島」に収録し、山田耕作が作曲した。三木は日本を代表する詩人、童謡作家、歌人、随筆家。カトリックの洗礼を受け、キリスト教の信仰に基づく詩集や随筆などを著し、宗教色を強めていった。タクシーにはねられ75歳で死亡。
 「赤とんぼ」は 1989年(平成元年)に「『日本のうた・ふるさとのうた』全国実行委員会」がNHKを通じて全国アンケートをしたところ「あなたが選ぶ日本のうた・ふるさとのうた」で第1位を獲得した。
山田耕作(1886年=明治19年6月9日~2065年12月29日)は、日本の作曲家、指揮者。

 「追われて見た」のではないよ

 三木露風の故郷である兵庫県揖保郡龍野町(現:たつの市)で過ごした幼少期を懐かしんで作ったと言われる。三木は1918年頃から、鈴木三重吉の赤い鳥運動に参加し、童謡の作詞を手掛けた。「赤い鳥」は鈴木三重吉が創刊した童話と童謡の児童雑誌。1918年7月1日創刊、1936年8月廃刊。子供のための話・歌を創作し世に広める運動を宣言し『赤い鳥』を発刊した。
 戦争の臭いがしない「赤とんぼ」のような童謡がある半面、第二次大戦が激化するに伴い、山田を含め多くの音楽関係者が軍歌の作曲・作詞などに関わり、後に責任を問われることになった。

「赤とんぼ」の全文
 夕焼、小焼の、
 あかとんぼ、
 負われて見たのは、
 いつの日か。
 山の畑の、
 桑の実を、
 小籠(こかご)に、つんだは、
 まぼろしか。

 十五で、姐(ねえ)やは、
 嫁にゆき、
 お里の、たよりも、
 たえはてた。

 夕やけ、小やけの、
 赤とんぼ。
 とまっているよ、
 竿(さお)の先。

 「おわれて」は「追われて」ではなく「負われて」。背中や肩に「背負われて」ということ。背負っているのは「姐や(ねえや)」であり、「姉さん」ではない。「姐や」は当時、子守として雇われていた少女のこと。結婚も今より早かった。

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。