記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

「悩みを突き抜けて歓喜に到れ!」

 独立メディア塾 編集部

 ルドウィッヒ・ファン・ベートーヴェン(1770年12月16日頃~1827年3月26日)の交響曲「第九」を象徴する言葉。「第九」の合唱部分はフリードリッヒ・フォン・シラーの詩「歓喜に寄せて」をもとに作られているが、冒頭だけベートーヴェンの作詞。長い間、シラーの詩の作曲に取り組んできたべートーヴェンは1815年10月19日、親しくしていたエルデーディー伯夫人に「悩みを突き抜けて歓喜に至れ」という言葉を贈った。

 シラーの「歓喜に寄せて」は1786年に発表され、若い知識人を熱狂させた。ベートーヴェンが親しくしていた大学教授にシラーのファンがいた。教授はシラー夫人にあてて次のような手紙を書いた。1793年のことだ。
 「当地ボンに将来を有望視されている青年作曲家がいます。(略)彼はシラーの『歓喜に寄す』に曲をつけようとしています」(「名曲ものがたり」志鳥栄八郎著から)
 その時、青年作曲家であるベートーヴェンは23歳。「第九」の初演は、それから30年が過ぎた1824年5月7日、ウィーンで。ベートーヴェンは54歳になっていた。
 尊敬するシラーの詩の音楽化に挑戦してから、30年余もかかった新作を、聴衆は熱狂的な拍手で迎えた。拍手は鳴りやまず、ベートーヴェンは5回もステージに呼び戻されたという。しかし、残念ながら、ベートーヴェンに拍手は聞こえていなかった。

 「第九」はなぜ大晦日に演奏されるのか。「第九 歓喜のカンタービレ」によると、1940年、日本全国で「紀元2600年祝賀行事」が行われ、12月31日に午後10時30分から「第九」が放送された。もともと大晦日の夜の演奏は欧州各地で、歓喜の歌とともに新年を迎える習慣にならった、と言われる。一方、欧州にはそうした習慣はなく、日本独自の習慣という意見もある。日本では2600年の祝賀行事以降、毎年、大晦日に続ける予定だったが、41年12月の真珠湾攻撃の結果、長時間の洋楽番組は認められなくなった。
 その中で戦時中の43年11月28日、例外的に放送されたことがあった。3日後に控えた学徒出陣の壮行のためだった。

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。