記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

「六十、七十はなたれ小僧、男盛りは百から百から」
「いまやらねばいつできる わしがやらねばだれがやる」

 独立メディア塾 編集部

 彫刻家平櫛田中(1872年2月23日~ 1979年12月30日)が好んで揮毫していた言葉。107歳で没。

 平櫛は86歳で木彫りの大作「鏡獅子」を完成させた。戦争を挟んで20年がかり。モデルの6代目尾上菊五郎はすでに故人となっていた。1962年(昭和37年)、90歳の時に文化勲章受章を受賞したが、「今ごろになってなんだ。鏡獅子を作ったときにくれた方がよかった」と不満だった。
 その前、82歳で文化功労者に選ばれた時にも「あれはくれんのか」と不満そうだったという。「あれ」とは文化勲章のこと。2メートルを超える鏡獅子は国立劇場のロビーに飾られている。(「人間臨終図鑑」から)
 ネットの「日曜美術館」によると、国が「鏡獅子」を2億円で買い上げようとしましたが、「お金はいりません。この作品は私一人で作ったものではなく、六代目菊五郎さんと二人でこさえたもんです。お金を取ったら、あの世で六代目さんに会ったとき、あいさつのしようがないですよ」と答えて寄贈したという。
 平櫛は100歳になったときに、あと30年は作品を作れる木材を用意していた。最後の作品として地唄舞の武原はんの像が、未完に終わった。

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。