記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

「うるさい奴を集めよう」

 独立メディア塾 編集部

 「喜劇の王様」チャーリー・チャップリン(1889年4月16日~1977年12月25日)は、イギリス出身の映画俳優、映画監督、脚本家、映画プロデューサー。
 米国を追放されて20年。チャップリンは1972年、米国から第44回アカデミー賞で「映画の製作における計り知れない功績」により名誉賞を受賞した。監督としても優れていた。表題の言葉は「伯爵夫人」を監督したときの俳優の起用についての言葉。
 (デイヴィッド・ロビンソン著「チャップリン上・下」、同氏著「チャップリンの愛した女たち」、岩崎昶著「チャーリー・チャップリン」、淀川長治著「私のチャップリン」「チャップリンのすべて」、土橋章宏著「チャップリン暗殺指令」、吉村英夫著「ハリウッド『赤狩り』との闘い」などから)

 チャップリンは『黄金狂時代』(1925年)、『街の灯』(1931年)、『モダン・タイムス』(1936年)などを発表した。『独裁者』(1940年)はトーキーに移行した作品だ。ヒトラーを風刺したこの作品はチャップリンのヒトラーに対する「ワンマン・ウォー(一人戦争)」だった、と映画評論家の岩崎昶(あきら)は振り返っている。
 しかし「モダン・タイムス」でチャップリンは共産主義者を疑われた。資本家に反対し、労働者に味方する場面が批判された。『殺人狂時代』でついに「赤狩り」の対象にされた。
 新作の『ライムライト』は監督、原作、脚本、作曲、主演すべてがチャップリンという自信作だった。英国でのプレミア試写会のため、チャップリンは1952年9月18日、「クイーン・エリザベス」号に家族とともに乗船し、ロンドンへ出航した。その翌日、トルーマン大統領の米国政府は、チャップリンの再入国許可を取り消した。
 それ以後は亡くなるまでスイスに定住したが、1972年「アメリカの償い」としてアカデミー名誉賞が決まった。
 冒頭の言葉は1966年の「伯爵夫人」で、使いこなすのが難しいといわれていたマーロン・ブランドと美人のソフィア・ローレンを「僕ならうまく使ってやる」といって起用したときのもの。監督としての才能の評価も高い。
 チャップリンは「無声映画は全世界に通じる」と言ってサイレント映画を貫いてきた。「男はつらいよ」の山田洋次監督は、チャップリンへの弔辞ともいえる文章で、守り続けたサイレントスタイルを破り初めて声を出した「独裁者」の言葉を引用している。
 「輝かしい未来が君にも私にもやってくる。我々すべてに!」
(1977年12月26日朝日新聞夕刊)

チャップリンは日本ファンと言われ、1932年5月に初来日した。神戸港で数万人の人々に出迎えられ、東京駅では4万人もの群衆が押し寄せたという。5月15日、首相官邸での歓迎会に出席する予定だったが、突然、相撲が見たくなって予定を変更、両国国技館へ出かけた。その夕方、犬養は首相官邸で暗殺された。チャップリンも暗殺の標的だったといわれる「5・15事件」だ。

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。