記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

「百歳は折り返し点」

 独立メディア塾 編集部

 物集 高量(もずめ・たかかず)は東京府出身の国文学者、作家(1879年4月3日~1985年10月25日)。

 物集高量は1979年、100歳の時に著書「百歳は折り返し点」を上梓。同年11月30日、『徹子の部屋』に1000回目のゲストとして出演した。「長生きするには恋をするのがいい。私は33人目の恋人と恋愛中」「200歳まで生きるつもり」と豪語し、話題を呼んだ。
 (「百歳は折り返し点」から)。

「ヘソの曲がったできそこないが、永い御世話になり瓢(ひさご)」。
 これが辞世なのだという。
 「いざ死ぬってときには、とても辞世なんてできそうでないから、ずっと前から用意してあるんです」といって、これが「辞世ってわけです」。
 「私の値打ちは百歳ってことぐらい」「今ンとこ板橋区では、男じゃあたしがトップ」と長寿を自慢している。人間絶えず何かに挑戦していなければダメになる、というので目標を二百歳に置いた。だから百歳は「折り返し点」ということになる。
 二百歳に向けた人生の三大目標として
 ①日本一の学者になる
 ②日本一の金持ちになる(ロッキード事件の小佐野賢治が2兆円持っているというので目標を3兆円に引き上げた)
 ③日本一の艶福家になる

 1985年10月25日、死去。106歳。東京都内の男性で最も長命だったことから、当時の東京都知事鈴木俊一が弔辞を読んだ。
 12月13日の中江兆民、30日の平櫛田中を参照。

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。