記事応募にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

「親もなく、妻なく、子なく、版木なし、金もなければ死にたくもなし」

 独立メディア塾 編集部

 林子平(1738年8月6日~1793年7月28日)は仙台藩士だったが、北海道・松前から長崎まで全国を行脚し、ロシアの脅威を説いて『三国通覧図説』『海国兵談』などを著したが、危険な書として発禁処分にされ、自宅謹慎の身になった。妻子を持たなかったうえに、印刷用の版木まで没収され、「六無斎」と名乗った。

 林子平は1785年(天明5年)に『三国通覧図説』を世に出した。三国とは朝鮮・琉球・蝦夷だ。そして1788年(天明8年)に『海国兵談』を出版した。
 『海国兵談』は海防の必要性を説く軍事書だったが、出版するための版元が見つからず子平は、大著の版木を自ら彫り、自費出版で刊行した。1791年、仙台で上梓されたが、ともに発禁処分になり、『海国兵談』は版木没収の処分を受けた。
 『海国兵談』は「境なしの水路」と題する一節が有名になった。

 版木没収、発禁、そして自宅謹慎の処分を受けた子平は不遇な一生を終えたが、その心境を「親も無く 妻無く 子無く 版木無し 金も無けれど死にたくも無し」と嘆き、自ら六無斎(ろくむさい)と号した。
寛政5年6月21日(1793年7月28日)死去。享年56。

トークルームとはトークルームでは、掲載されている記事に対してあなたのコメントを書くことができます。

記事にコメントする

コメント投稿にはログインが必要です

パスワードを忘れた方はこちら

こちらのコメントを通報しますか?

通報しました

あなたの記事を投稿してみませんか?

独立メディア塾では、ジャーナリストを志望する方からの記事を募集しています。投稿された記事はすべて編集部で確認の上、サイト内に掲出する場合には、事前に編集部からご連絡をいたします。あなたからの投稿をお待ちしております。